コレステロールを下げる方法|病気を予防するコツ

錠剤

中性脂肪を減らす栄養素

メタボ体型

高くても低くてもダメ

生活習慣病予防には、悪玉コレステロールを下げる事が重要とされています。コレステロール値が高いと、血管が詰まり動脈硬化といった病気を起こしてしまいます。普段からコレステロール値を気にして、食生活を改善する事が大切ですが、食事だけでは上手に改善出来ない場合があります。その場合は、コレステロール値を下げる成分が凝縮されたサプリメントなどを補給すると、手軽に食生活が改善出来ます。コレステロールは、身体に必要な脂肪です。適度な量はホルモンの分泌や、脂肪の消化を補助する働きがあります。しかし、この量が増えてしまうと血管が狭まり血液の流れが悪くなって、生活習慣病の原因にもなり兼ねません。また、基準値より低くても、様々な疾患を招いてしまう恐れがあります。適度の量のコレステロールを保つ事が、健康のためには大切です。

青魚や野菜

コレステロール値を下げるためにはどうすればいいのかですが、まずは食生活を見直す事が重要です。コレステロール値を下げる食事や栄養を摂る事で、生活習慣病の予防にも繋がります。どんな食材が適しているかといえば、青魚や野菜です。栄養的には『DHA』や『EPA』が必要なので、サプリメントを利用すると手軽に摂れます。マグロやサバなどの魚には、豊富にこれらの栄養素が含まれているのが特徴です。また、野菜ではブロッコリーやトマトなどが、中性脂肪を下げる働きがあるとされています。これらの食材を取り入れたメニューを食べるようにすると、コレステロール値を下げる効果が期待出来ます。栄養豊富な食材は、身体に良いですが、多く摂取すると溶血性貧血などの症状を引き起こす可能性があります。特にサプリメントやドリンクなどは、適量を守るようにしてください。