コレステロールを下げる方法|病気を予防するコツ

錠剤

体の健康状態を保つために

観葉植物

悪玉と善玉

コレステロール値を下げましょう、といった文句を目にすることはないでしょうか。コレステロール値は、体を健康に保つにあたってとても重要なポイントで、その値を基準値まで下げることはとても大切とされています。コレステロールとは脂質の一種で、細胞膜や胆汁酸の材料となる重要な働きをしていますが、1日に必要である量とされる量を超えて摂取してしまうと体に悪影響をもたらしてしまいます。それは、悪玉と善玉という2種類のコレステロールに関係しています。悪玉は、コレステロールを運ぶ働きをしていますが、値が高いとすべてを運べず血液中に溜まり、動脈硬化などを引き起こしてしまう場合が有ります。善玉は、不要なコレステロールを回収して腎臓へ運び、不要物は排出するという働きをしています。そして悪玉が増えて善玉が減ると、中性脂肪として体内に残り、病気や肥満の原因となってしまいます。

値をコントロールする

コレステロールを値を下げるためには、すなわち悪玉の量を下げる必要があります。悪玉は、主に酸化してしまったコレステロールが原因となって体内で増えていきます。酸化したコレステロールとは、長期間保存しているものや、何度も揚げ直したフライ、マヨネーズやバターなどの劣化した部分に多く含まれています。これらを摂取しないように気を付けることが重要ですが、抗酸化作用のある食品を摂ると、値を下げるのにさらに効果的です。抗酸化作用のある食品は、「アスタキサンチン」が豊富なシャケや筋子、「リコピン」が豊富なトマト、「ベータカロチン」が豊富なモロヘイヤなどがあります。食生活に気を付け、悪玉コレステロールを増やさないようにし、健康な生活を送りましょう。