コレステロールを下げる方法|病気を予防するコツ

錠剤

脂質がもたらす影響と対策

運動

体にもたらす影響

コレステロールとは脂質の一種で、人間に欠かせないエネルギーを作り出す重要な成分です。しかし、コレステロールは基準値を超えて摂取すると、体に悪影響をもたらすと言われています。多く摂りすぎたコレステロールは余分な脂肪となり血液中に溜まり、肥満、脂肪肝、動脈硬化などの生活習慣病の原因となってしまう場合があります。普通、1日に必要なコレステロールの量は、1〜2gとされています。このうちおよそ3割を、人は食事から摂り入れています。しかし、コレステロール値の高い動物性脂肪の食品や卵などを食べ過ぎてしまうと、コレステロール値は通常よりも増えてしまいます。また、運動不足の場合も、エネルギーの消費が正しくされず、コレステロール値を上げてしまう原因となってしまいます。

効果的な対策とは

上がってしまったコレステロール値は、下げる必要があります。値を下げるために必要なのは、まず値を上げる原因となっているコレステロールの摂取を控えるということです。普段から脂っこいものを好みつい食べすぎてしまうという人は、我慢してビタミンが豊富な野菜をたくさん食べるよう心がけましょう。また、脂っこいものだけでなく、お酒にも脂質は含まれています。そのため、お酒をよく飲むという人は、お酒の飲みすぎにも注意することが必要です。また、体内のコレステロール値を下げる役割を担うカキや青魚などの食品を摂取することも効果的です。これらに含まれる成分が体内で直接作用し、値を下げることが出来ます。食生活の乱れによって陥った状態は、食生活で改善させていく必要があります。