コレステロールを下げる方法|病気を予防するコツ

サプリ

摂取量を抑える

男性のお腹

食品で対応

コレステロールを下げるには、食生活をコントロールすることの他には定期的に運動することも重要です。中性脂肪が増加すると悪玉コレステロールも増えるので、運動を行って中性脂肪を減らしていくことです。まず無酸素運動を行い身体の基礎代謝を上げて、次に有酸素運動を行って中性脂肪を燃やすようにします。有酸素運動ではウォーキングが効果的に中性脂肪を燃焼させることができますが、仕事や家事でまとまった時間が取れない場合は、生活の中でエレベーターを使わずに階段を上ったり早歩きしてみるなど工夫うるようにします。有酸素運動では他にはエアロバイクも効果的で、音楽を聞きながらでも自宅の中で行うことができます。無酸素運動ではスクワットが道具もいらず、どこでも簡単に行うことができます。

運動する

コレステロールを下げるために大事なことはコレステロールが多い食品を食べないようにすることと、次にコレステロールを下げる働きがある食品を食べるようにすることです。コレステロールの中でも悪玉コレステロールは動脈硬化を招き、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こすことがあります。コレステロールを下げる働きを持つものとして代表的なものとして、DHAとEPAがありサンマやイワシ、ブリなどの青魚に含まれていて血液をサラサラにしてくれます。青魚だけでDHAとEPAを十分に摂れない場合はサプリメントで補うこともできます。野菜ではキャベツやブロッコリーに含まれるSMCSと呼ばれる天然アミノ酸が、悪玉コレステロールの働きを抑制する力があります。そしてトマトに含まれるリコピンは血管の状態を良好にしてくれます。

体の健康状態を保つために

観葉植物

コレステロールは、基準値を超えて体内に溜まってしまうと悪玉コレステロールとして増え、体に悪影響を及ぼしてしまいます。コレステロール値を下げるためには、酸化した食材を避け、抗酸化作用のある食品を多く摂取することが効果的とされています。

Read More

脂質がもたらす影響と対策

運動

基準値を超えたコレステロール値は、食べ過ぎや飲みすぎなどが原因で増え、それによって体に影響を及ぼしてしまいます。コレステロール値を下げるための対策として、そのような作用を持つカキや青魚などの食品を積極的に摂取することがあげられます。

Read More

中性脂肪を減らす栄養素

メタボ体型

コレステロールが高いと、動脈硬化症などの生活習慣病を起こしてしまいます。コレステロールは高過ぎても低過ぎても危険なため、適度な量を保つようにしましょう。コレステロール値を下げる食品として、青魚や野菜があります。『DHA』や『EPA』は中性脂肪を減少させるため、積極的に摂取してください。

Read More